プロトレック修理(多くは部品が無く、修理不可能な状態です)

このコーナーは、プロトレックの修理の様子です。
prt-40_gaikan2.jpgprt-40_gaikan1.jpg

左は気密パッキン〔異形リングともいいます〕これがとても重要な部品です。
10BAR〔100m相当〕もの水圧に耐えるパッキンです。
prt-40_ikei_ring.jpgprt-40_naibuyogore_up1.jpg

電池は型名”SR927W“というデジタル用銀電池が2個、そして画像上方向には絶縁
シールがつけられています。さらに工具の先で示すように静電気用ばね
〔非常に小さい〕のが入っているので、紛失に要注意です
prt-40_earth_bane.jpgprt-40_naibuyogore_up1.jpg

PRT-40,400は、汚れが進むとベゼルリングがまったく動かなくなります。
リングをオーバーホールする事でまた回るようになります。
prt-40_bezer_ring_up5.jpgprt-40_bezer_pakkin_up6.jpg

プロトレックはアウトドア用の時計ですので、G-SHOCK同様水分が混入
し、どうしても気密パッキンより外側にサビができます。電池交換時や
2年に一度は、ウラブタもサビ落としをお奨めします。
prt-40_urabuta_sabi.jpgprt-40_urabuta_sabi_aft2.jpg

ウラブタの表面では、長年使用でステンレス本来のつやがなくなります。
オーバーホール時には、みがく事で輝きがもどります。
prt-40_urabuta_kizu_up7.jpgprt-40_urabuta_kizu_migakiup8.jpg

prt-40_ripea_ok_up9.jpg